tatsumitatsu

ロードバイクとキャンプ中心のブログです。

貝塚市 蕎原(そぶら)までポタリング

2021年5月22日

私は岸和田市の生まれである。同市の山間部にある牛滝というと、バーベキューや川遊びができる自然あふれるスポットとして、子どもの頃の自分には特別なエリアであった。親が連れて行ってくれるというと小躍りしたものである。

 

一方で、牛滝の隣の塔原、また和泉市の父鬼、貝塚市の蕎原(そぶら)というと、私にとって未知の地。しかしながら幼少時の空想が今に保たれて、名前を聞くだけで心がトキメいてしまうのである。まさに和泉葛城山の麓を形成するこれらの地域は、(行ったことがなくても!)私の心のふるさととなっているのである。

 

さて、そぶらには、興味深いキャンプ場が集中しているのを最近知った。渓流園地、そぶらフォレストガーデン南、山の神キャンプ場の3つだ。漆黒の森とか、最後の秘境とか、ネットでいろんな人が面白く紹介している。ルートを検索すると割りと近い。

f:id:tatsumitatsu:20210522202343j:image

片道31km。往復で60km。よし行ける。

下見がてら自転車で行くことにした。


f:id:tatsumitatsu:20210522202701j:image

泉北ニュータウン光明池手前あたり。閑静な住宅街だ。道は広く、車は少なく、走りやすい。


f:id:tatsumitatsu:20210522202855j:image

和泉市ららぽーと。実家から近いので、何度か行ったことがあるが、この手の商業施設は人が多いので苦手。


f:id:tatsumitatsu:20210522203226j:image

国道170号線に出る。気持ちよく坂を下ると、行き過ぎていることに気づく。また坂を登る(泣)


f:id:tatsumitatsu:20210522203647j:image

岸和田市の内畑あたりの風情のある集落を抜けると、目の前に阪和道の高架が。そして、その下をくぐって延びている道は、牛滝街道(府道40号線)ではないか!昔、親の車に乗せられて、牛滝までこの道を走ったのだ。

f:id:tatsumitatsu:20210522204721j:image
この景色、空気感。美しい。童心にかえる。泣けてくる。名残惜しいが、途中で右折。


f:id:tatsumitatsu:20210522205759j:image

パンパン音が聞こえてくる。岸和田国際射撃場だ。こんなところにあったのか。

 


f:id:tatsumitatsu:20210522204933j:image

府道39号線。葛城街道とも塔原街道とも言われる道らしい。おお塔原!牛滝と負けず劣らず、本当に良い所だ。少し行くと、そぶらの森のレストランの標識を発見。ここで右折。名残惜しい。

f:id:tatsumitatsu:20210522205138j:image

貝塚市に入る。いよいよそぶらだ。

このあたり、たくさんのチャリダーとすれ違う。景色もよく、坂の勾配も知れてる。少し登っては、気持ちよく下る。とても爽快な道。


f:id:tatsumitatsu:20210522211144j:image

秘境感が漂う。心が踊る。


f:id:tatsumitatsu:20210522211242j:image

到着。まずは山の神キャンプ場。このあと、そぶらフォレストガーデン南、渓流園地とキャンプ場が続く。

意外というと失礼だがキャンパーが大勢いた。有名なオートキャンプ場とは雰囲気が違う。狭いスペースで必要十分な装備。ガチ勢だ…羨ましい。このまま帰るのが悔しいから写真なんか撮らないぞ!次回は、必ず泊まりに来るぞ!と吠え面かいて帰路につくのであった。


f:id:tatsumitatsu:20210522212704j:image

そぶらの森のレストランだけ撮りました。

 

〈まとめ〉

10時出発、15時半帰宅。帰りにスーパーで晩御飯(キーマカレー)の食材を買う。走行距離72km(一日の走行距離では最長かも)。パンクを直したタイヤは快調。膝痛無し。ただ膝をかばいすぎたからか右ふくらはぎに鈍痛。