tatsumitatsu

ロードバイクとキャンプ中心のブログです。

咲洲キャナル散策と新しい家族

2021年7月10日

以前、南港をポタリングした時に発見した謎エリア、咲洲キャナルを本格攻略。端から端までウォーキングしてみた。

 

f:id:tatsumitatsu:20210712094104j:image

咲洲キャナルは全長1.3kmの運河だ。最寄り駅は大阪メトロのコスモスクエア駅。今回は車で来たけど。

f:id:tatsumitatsu:20210712092801j:image
上の写真がキャナル東端のスタート地点。海の水を取り入れているだけあって潮の香りがする。閑静で緑があっていい感じ。

f:id:tatsumitatsu:20210712103326j:image

800mも歩いてないけど…どこが起点なんだろう。1周2.7kmというのも謎。キャナルを組み込んで、別途ウォーキングコースが設定されているようだ。

f:id:tatsumitatsu:20210712103342j:image

うぅ汚い。1日に1度、海の水を入れ換えているらしいが。

f:id:tatsumitatsu:20210712103357j:image

救命具は所々に設置されている。でも落ちたくはないなあ。

f:id:tatsumitatsu:20210712121954j:image

マンションが立ち並ぶエリア。ここだけ見るとすごくいい。綺麗だ。住みたくなる。

この後、大学や専門学校が建つエリアに続く。とても都会的だ。それらが途切れると、徐々に殺風景になってくる。見上げるとATCが間近に。

f:id:tatsumitatsu:20210712122620j:image

ゴールも間近。足元を見ると…

f:id:tatsumitatsu:20210712122649j:image

敷石の隙間から雑草が生い茂る。管理が行き届いていないわけだが、こういう自然の侵食は、時の経過による味があって好きだ。

f:id:tatsumitatsu:20210712123133j:image

対岸の道はもはや完全に緑化が完了(笑)していて、進入禁止になっている。

f:id:tatsumitatsu:20210712123338j:image

セメントの白華現象の類いか。通路全面を覆っていて足の踏み場もない。

f:id:tatsumitatsu:20210712123355j:image

あわわ。

f:id:tatsumitatsu:20210712123415j:image
ゴール。キャナル西端は水路がプッツリここで途絶えて終わり。風情もなにもない。

横に階段があり、これを登ると…

f:id:tatsumitatsu:20210712131030j:image

海が開ける。シーサイドコスモという緑地公園になっている。

f:id:tatsumitatsu:20210712134345j:image

すぐ隣に、なにわの海の時空館(閉鎖)が。近い。

f:id:tatsumitatsu:20210712134516j:image

古代船のレプリカ。管理者不在でも健在。悲しい。

f:id:tatsumitatsu:20210712134531j:image

海を臨めば舞洲が。

f:id:tatsumitatsu:20210712134554j:image

のんびりできそうだ。が、時間がない。今日は、ATCでレプタイルズフィーバーという爬虫類のイベントがあって、上さんと子どもが参加しているのだ。迎えに行かな。

合流すると、レオパ(ヒョウモントカゲモドキ)買ってるし。ギャラクシーという珍しい品種らしい。

f:id:tatsumitatsu:20210712143743j:image

名前はまだない。新しいうちの家族です。