tatsumitatsu

ロードバイクとキャンプ中心のブログです。

アトリエ訪問 〜佐伯祐三と中村彝

2024年2月17日(土)

故障した洗濯機の修理の立ち合いで午前中を潰す。14時にようやく外出。

佐伯祐三アトリエ記念館(新宿区下落合)に行く。自転車で約30分くらい。

f:id:tatsumitatsu:20240218000208j:image
パリでの活動が主だった佐伯祐三の日本での活動拠点がここだったそうである。
f:id:tatsumitatsu:20240218000230j:image
素敵な空間だ。

f:id:tatsumitatsu:20240218000243j:image

下落合のテニスの風景画。見慣れたパリの風景画とはまた違った趣き。

 

さてスーパーで買い物でもして帰ろう。ロードバイクで網の目のような住宅街の道をゆるゆるこいでいると、なんだ?佐伯祐三のアトリエに似た雰囲気の建物がある。気になって立ち寄る。

それが、中村彝(つね)アトリエ記念館。なんという偶然。

f:id:tatsumitatsu:20240218000255j:image

実は、中村彝と言われても最初は誰のことがわからなかった。

f:id:tatsumitatsu:20240218000331j:image

「頭骸骨を持てる自画像」。この絵を見て、あぁ知ってるわ!と。いや、これは素晴らしい作品だ。

f:id:tatsumitatsu:20240218000308j:image

アトリエも素晴らしい。

f:id:tatsumitatsu:20240218000320j:image

佐伯祐三には申し訳ないが、こちらのアトリエの方が良い。中村彝の身辺のお世話をした方が住んでいたという三畳間(写真は撮らず)は妙に生活感があって落ち着く。座り込んでしばらくボーとしてしまった。

 

両館とも美術館ではないので、作品はほとんど無い。が、訪れる人も少なく、心穏やかな一時を過ごせる。アトリエ、うん、いいね、などと心のなかで相槌なんか打ちながら。

 

帰路、切手の博物館があったので立ち寄る。

f:id:tatsumitatsu:20240218000341j:image

博物館の入口に変なポスト。グワシ(笑)

アトリエは両方とも無料であった。切手の博物館は有料だ(たぶん200円)。ここで少し逡巡する。アトリエ巡りで心がいい感じに整っていたので、お金払って時間もかけて、切手見るのもなんだかなと。スーパーだけ寄って帰宅する。

 

2つのアトリエは大変良かった。佐伯祐三の短くも壮絶な生き様を再確認できた。中村彝という画家を知ることができた。

特に中村彝の「彝」という漢字。これについても解説がされていた。

f:id:tatsumitatsu:20240218011643j:image

「彝」は、糸で羽を縛った鳥を両手で捧げ持ち生贄に捧げるさまを表していると。転じて儀礼の意となり、人の守るべき常道の意となる。よって「彝(つね)」は「常(つね)」。不変を表すと。

このような神秘的な文字に出合えたことも幸いである。しばらくすると忘れてしまうのだろうが(笑)、今この感動をここに記録しておく。

清々しいクレタ

クレステッドゲッコークレタ

f:id:tatsumitatsu:20240205012257j:image

犬猫とは違い人には懐かない、本能のみで生きる姿は誠に清々しい。

智に働けば角が立つ。 情に棹させば流される。 意地を通せば窮屈だ。 

住みにくい人の世で、時にこいつから勇気をもらう。

 

ちなみにクレタが乗っている木は、先月(2024年1月)舞洲で拾った流木だ。途中、大阪万博の開催予定地、夢洲を通ったが、ほとんど工事は進んでいなかった。来年の4月の開催に間に合うんだろうか。まあどうでもいいことだけど。

2023年 家族で行った所まとめ【主に関西方面】

現在、私は単身赴任で東京にいる。大阪の家族のもとに帰るのは、月に2回ほどだ。貴重な時間なので、(家でゴロゴロしてることも多いのだが)あちこちに出かけたりする。

ということで、2023年度に家族で行った所をまとめてみた。

 

百舌鳥八幡宮大阪府堺市

1月2日初詣。地元の馴染の神社。

f:id:tatsumitatsu:20231204214043j:image

 

葛城山奈良県御所市、大阪府千早赤阪村

1月3日夫婦で登山。標高959m。道中、少し積雪。非日常を堪能。

f:id:tatsumitatsu:20231204215520j:image

f:id:tatsumitatsu:20231204215825j:image

 

●壷阪寺・高取城跡(奈良県高取町)

1月7日夫婦で。壷阪寺はインド渡来のエキゾチックな石仏が所狭しとありテーマパークのよう。高取城跡は自然に侵食されつつある石垣が、変に観光地化されてなくて良い。

f:id:tatsumitatsu:20231208235827j:image

f:id:tatsumitatsu:20231208235841j:image

 

●六甲山(兵庫県神戸市)

2月23日夫婦で登山。比較的距離の短いロックガーデンのあるコースを選ぶ。六甲山の麓はお洒落なカフェなどがあり、登山後も楽しめる。

f:id:tatsumitatsu:20231205100125j:image

f:id:tatsumitatsu:20231205093603j:image

 

法隆寺奈良県斑鳩町

3月18日夫婦で。国宝の百済観音は素晴らしい。

f:id:tatsumitatsu:20231209000521j:image

 

信貴山朝護孫子寺奈良県平群町

4月1日夫婦で。城塞のような山寺。信貴山のどか村から歩いて行ったが、かなり距離があった(信貴山観光iセンターの方にちょっと驚かれた)。

f:id:tatsumitatsu:20231209000540j:image

f:id:tatsumitatsu:20231209000554j:image

 

●白川渡オートキャンプ場・大台ヶ原奈良県川上村)

5月4日、5日、妻と三男の3人で。キャンプした翌日、大台ヶ原へ行く。同地に大蛇嵓(だいじゃぐら)という断崖絶壁があるが、他所の絶壁スポットより段違いに怖い。三男は足がすくんで行けなかった(笑)

f:id:tatsumitatsu:20231209000722j:image

f:id:tatsumitatsu:20231209001553j:image

f:id:tatsumitatsu:20231209000800j:image

 

●生石高原(おいしこうげん、和歌山県紀美野町

5月20日夫婦で。オフシーズンなので、ほとんど人がいなかったが、生石神社(しょうせきじんじゃ)まで気ままに散策できた。秋は人でごった返すので、こんなにのんびりできないだろう。

f:id:tatsumitatsu:20231209001443j:image

f:id:tatsumitatsu:20231209001455j:image

f:id:tatsumitatsu:20231209001505j:image

 

伊勢神宮三重県伊勢市

6月3日、4日夫婦で。前日に帰阪して、伊勢へは車で行く計画だったが、新幹線が天候不順で運休となり、当日(3日)に宇治山田駅で妻と待ち合わせとなった。東京駅のホームで6、7時間新幹線が動き出すのを待つ。正午くらいに復旧し、名古屋で近鉄に乗り換え伊勢に向かう。妻も同じく急きょ近鉄特急を予約し、大阪方面から伊勢へ。宇治山田駅で合流できたのは15時くらいであったか。なぜこんなに急いでいたのか。それは同駅前の響ホールでヘブニーズのライブがあったからだ。ライブ後、伊勢駅近くのホテルで一泊。翌日(4日)伊勢神宮を参拝する。外宮、そして内宮へ。また周辺の神社(月夜見宮猿田彦神社月讀宮)も巡る。最初はどうなることかと思ったが結果オーライとしておこう。

f:id:tatsumitatsu:20231209002233j:image

f:id:tatsumitatsu:20231209002245j:image

 

青山高原保健休養地キャンプ場(三重県津市)

7月15日、16日家族で。真夏だが、初日は割と過ごしやすく、翌日が猛暑となった。キャンプ撤収後、長男がバイトしたことのあるモクモクファーム(伊賀市)に寄る。帰路、エアコンの壊れた車中は灼熱地獄であった。香芝サービスエリアの冷房の効いた施設で復活できたが、熱中症の一歩手前であったと思う。なお、この体験で車の買い替えを決意。9月に新車(シエンタ)を購入する。

f:id:tatsumitatsu:20231209002331j:image

f:id:tatsumitatsu:20231209002358j:image

 

●富士山(新幹線の車窓から)

7月25日。帰阪に使う新幹線はいつも夜で、車窓の眺めなど望むべくもないのだが、日が長くなったせいか、珍しく富士山が望めた。いいねー。

f:id:tatsumitatsu:20231209002713j:image

 

●丹生都比賣神社(にうつひめじんじゃ、和歌山県かつらぎ町

9月16日夫婦で。紀伊国一宮。自然も建築も美しい神社。弘法大師高野山に導いた神だそうだ。

f:id:tatsumitatsu:20231209003034j:image

f:id:tatsumitatsu:20231209003049j:image

 

東京国際フォーラム(東京都千代田区

9月23日。私が単身赴任している四ツ谷ワンルームを宿にして、家族(長男を除く)が大阪から夜行バスでやって来た。この日、私と妻は東京国際フォーラムで行われた世界長老会議に出席。海外の4つの部族の長老の話を聴く。子ども(次男・三男)はアニメの聖地巡りとか言って、江ノ島秋葉原を観光。夜に合流し、フレッシュネスバーガーを食って就寝。

f:id:tatsumitatsu:20231209003247j:image

 

国立科学博物館(東京都台東区

9月24日、ワンルームで一泊した家族4人で上野恩賜公園へ行き、国立科学博物館を見学。その後、芝公園(港区)へ行き、東京タワーに上り、増上寺に参る。子どもだけ夜行バスで帰阪する。

f:id:tatsumitatsu:20231209003324j:image

f:id:tatsumitatsu:20231209003412j:image

f:id:tatsumitatsu:20231209003440j:image

f:id:tatsumitatsu:20231209003500j:image

 

朝霧高原・須走口五合目(静岡県

9月25日、26日夫婦で。初日、レンタカーで富士山の麓の朝霧高原へ。世界長老会議のオールナイトフェスに参加。その場でテントを張り一泊。翌日、車で須走口五合目へ。古御嶽神社、小富士を散策し、キノコ狩りを楽しむ。四ツ谷に戻りレンタカーを返し、妻は夜行バスで帰阪。密度の濃い4日間の関東家族旅行であった。

f:id:tatsumitatsu:20231209003626j:image

f:id:tatsumitatsu:20231209003606j:image

f:id:tatsumitatsu:20231209003706j:image

f:id:tatsumitatsu:20231209003730j:image

 

住吉大社大阪市住吉区

10月1日夫婦で。家から近いので自転車で参る。

f:id:tatsumitatsu:20231209004021j:image

 

●ラッキーガーデン(奈良県生駒市

10月7日夫婦で。生駒山の近くにあるスリランカ料理(だったか?)の店。帰路、酷道と名高い暗峠にチャレンジし、見事に車に傷をつける(泣)

f:id:tatsumitatsu:20231209004409j:image

f:id:tatsumitatsu:20231209004417j:image

 

生駒山 寶山寺(奈良県生駒市

10月?日夫婦で。素晴らしい山寺であった。が、なぜか写真がない。おかしいな…。

 

●OKオートキャンプ場・フォレストパーク神野山(三重県伊賀市奈良県山添村

11月3日、4日家族で(長男を除く)。シエンタでの初めてのオートキャンプ。帰路、立ち寄ったフォレストパーク神野山は期待外れであったが、鍋倉渓という奇景を拝めたので良しとする。

f:id:tatsumitatsu:20231209004514j:image

f:id:tatsumitatsu:20231209004530j:image

f:id:tatsumitatsu:20231209004552j:image

f:id:tatsumitatsu:20231209004608j:image

 

石清水八幡宮京都府八幡市

12月2日、妻、長男とで。べじらーめんゆにわ(大阪府枚方市)にヘルシーなラーメンを食べに行ったついでに立ち寄る。

f:id:tatsumitatsu:20231209004812j:image

f:id:tatsumitatsu:20231209004821j:image

 

以上、振り返るとあちこち行ってるなあ。そしてあまり記憶していない(笑) というか思い出すきっかけがない。こうして写真とともにまとめると、そうだそうだと思い出す。

これからもいろいろな所に行くであろう。編集が大変だが、まあ気が向いたらやってみよう。

2023年 自転車で行った所まとめ【東京方面】

東京に単身赴任して1年8ヶ月。休日はロードバイクを走らせることだけが楽しみであった。2023年に訪れた、東京とその周辺のあれこれを記録しておく。なお交通費はすべて0円だ(笑)

 

●黒田記念館

上野公園の近くにある。無料で黒田清輝の絵が見れるとは。

f:id:tatsumitatsu:20231130133236j:image
f:id:tatsumitatsu:20231130133335j:image

f:id:tatsumitatsu:20231203100523j:image

根津神社・乙女稲荷神社

文京区根津。特に乙女稲荷神社が良い。鳥居の連なり、風化したお狐たち。風雅であった。

f:id:tatsumitatsu:20231130133707j:image

f:id:tatsumitatsu:20231130133751j:image

f:id:tatsumitatsu:20231130134052j:image
f:id:tatsumitatsu:20231130134117j:image

生麦事件

横浜市鶴見区生麦。横浜に行く道中に立ち寄る。ここから幕末は始まったのだ。

f:id:tatsumitatsu:20231202133839j:image

f:id:tatsumitatsu:20231202134023j:image

 

●横浜

自転車で30km強。馬車道をメインに、赤レンガ倉庫、日本郵船氷川丸などを見る。

f:id:tatsumitatsu:20231203100635j:image

f:id:tatsumitatsu:20231202134251j:image

f:id:tatsumitatsu:20231202134550j:image

f:id:tatsumitatsu:20231202134620j:image

 

世田谷文学館

世田谷区にゆかりのある文化人を取り上げている。私が行ったときは萩原朔太郎の展示がされていた。ムットーニコレクションというカラクリ人形の展示は一見の価値があると思う。

f:id:tatsumitatsu:20231202140018j:image

f:id:tatsumitatsu:20231202140109j:image

 

慶応義塾発祥の地碑・蘭学の泉はここに碑

築地のあたり。慶應の碑には「天は人の上に人を造らず〜」の文字が刻まれている。蘭学の碑は、前野良沢らが『解体新書』を翻訳した地であることから。非常に感慨深い場所だ。

f:id:tatsumitatsu:20231202172355j:image

f:id:tatsumitatsu:20231202172445j:image

 

岡本太郎美術館

川崎市多摩区。生田緑地内にある。自転車で25km走って訪問。好みではないが、その天才性には圧倒される。

f:id:tatsumitatsu:20231202172552j:image

f:id:tatsumitatsu:20231202172616j:image

f:id:tatsumitatsu:20231203100732j:image

f:id:tatsumitatsu:20231203100801j:image

 

●記念館三笠

横須賀市。60kmの道のりなので、私の足では日帰りできない。キャンプ道具を積んで訪問。「坂の上の雲」の世界に浸る。この後さらに20km走って黒崎の鼻で野営。今までで一番過酷なソロキャンであった。

f:id:tatsumitatsu:20231203100944j:image

f:id:tatsumitatsu:20231203101024j:image

f:id:tatsumitatsu:20231202172804j:image

f:id:tatsumitatsu:20231203101106j:image

f:id:tatsumitatsu:20231202172854j:image

f:id:tatsumitatsu:20231203101146j:image

 

●柳森神社

秋葉原の近く。境内に狸を祀る福寿社があって、このいわれが笑かすが割愛。

f:id:tatsumitatsu:20231202173002j:image

 

東京都美術館

上野公園にある。無料の展覧会もよくやっているのでお気に入り。

f:id:tatsumitatsu:20231202173057j:image

f:id:tatsumitatsu:20231202173116j:image

 

すみだ北斎美術館

墨田区北斎は好きだが、こんなふうに額が付いて展示されると、うーん…画集で見るほうが楽しいかな。北斎漫画がペラペラと手にとって見れたのは良かった。

f:id:tatsumitatsu:20231202173208j:image

f:id:tatsumitatsu:20231202173401j:image

f:id:tatsumitatsu:20231203101304j:image

f:id:tatsumitatsu:20231203101329j:image

f:id:tatsumitatsu:20231202173522j:image

 

国立公文書館

千代田区北の丸公園内。喫煙所があるのでたまに立ち寄っていたが、徳川家康の企画展がやっていたので入ってみると、展示物の素晴らしさに驚いた。無料だしオススメ。

f:id:tatsumitatsu:20231202173606j:image

f:id:tatsumitatsu:20231202173627j:image

f:id:tatsumitatsu:20231203101408j:image

f:id:tatsumitatsu:20231202173658j:image

 

大田市

大田区。城南島海浜公園キャンプ場にソロキャンに行ったついでに立ち寄る。夕方だったので人気がなかった。ここは朝に行くべきスポットだ。キャンプ場は横に羽田空港があり、上空を飛行機がビュンスカ飛んでいて楽しかった。
f:id:tatsumitatsu:20231202173911j:image

f:id:tatsumitatsu:20231203101530j:image

f:id:tatsumitatsu:20231203101607j:image

 

多田神社

中野区。お隣のホームセンターに用があったので、ついでに立ち寄る。特になにもない。茅の輪くぐりがあったので。

f:id:tatsumitatsu:20231202173745j:image

 

佃島住吉神社

中央区佃。本能寺の変時、大阪にいた徳川家康を地元漁師(摂津国の佃)たちが逃がしたと。後に家康はその功に報いるため、漁師たちを江戸に呼び大きな特権を与えたと。佃はこの漁師たちの地元の土地名にちなむ。住吉神社もこの漁師たちが地元から分霊して祀ったわけだ。なぜこんなところに住吉さんが?と思ってたが、こんな壮大な歴史的エピソードがあるとは。感動した。

f:id:tatsumitatsu:20231202174704j:image

f:id:tatsumitatsu:20231202174734j:image

 

●岩淵水門

北区にある荒川のランドマークだ。川沿いを走っていてこの門に出会うとホッとする。

f:id:tatsumitatsu:20231202174806j:image

 

●江戸川河口・東京ディズニーリゾート

荒川と違って、ちょっと猥雑とした生活感がにじみ出ていて好きである。東京ディズニーリゾートは入口まで、ネタとして。

f:id:tatsumitatsu:20231202175112j:image

f:id:tatsumitatsu:20231202175254j:image

 

●レインボーブリッジ

お台場は自転車で最もよく行くスポットだ。その際、いつもの道に飽きてレインボーブリッジを2回ほど利用した。橋上は自転車を押して歩かないといけないが、眺めは良い。

f:id:tatsumitatsu:20231202175421j:image

f:id:tatsumitatsu:20231203101946j:image

f:id:tatsumitatsu:20231202175528j:image

 

目黒寄生虫館

目黒区下目黒。変わり種博物館として有名。無料。昔、寄生虫の本を読み漁った時期があり、大変興味深く観賞した。

f:id:tatsumitatsu:20231202175857j:image

f:id:tatsumitatsu:20231203102023j:image

f:id:tatsumitatsu:20231202175951j:image

 

狭山湖多摩湖

私の自宅、大阪には狭山池という巨大なため池がある。同名の湖ということで、つい行ってしまった。距離にして35km、ちょっと遠い。近くに西武ライオンズの本拠地がある。

f:id:tatsumitatsu:20231202180047j:image

 

●暁埠頭公園

お台場よりさらに海の方へ走るとある、小さな公園。人が少なく、眺めはよく、また火を使える。私の一番のお気に入りスポットだ。
f:id:tatsumitatsu:20231203105709j:image

水元公園

葛飾区。距離20kmくらい。自然環境はとても素晴らしい。ただ人が多い。小さくても暁埠頭公園のような僻地の公園が好み。

f:id:tatsumitatsu:20231202180239j:image

f:id:tatsumitatsu:20231202180302j:image

 

相模川

約50kmの道のり。神奈川県愛川町の青少年広場にソロキャンに行った際に立ち寄る。美しい川だ。両岸の土地の高低差は凄まじく、激坂に悩まされた(短いので大したことはないが)。

f:id:tatsumitatsu:20231203103606j:image

f:id:tatsumitatsu:20231203103458j:image

f:id:tatsumitatsu:20231203103532j:image

 

たばこと塩の博物館

墨田区横川。たばこ、塩、どちらの展示も見応えがある。面白い博物館であった。芥川龍之介の企画展をしていてラッキーであった。

f:id:tatsumitatsu:20231202181140j:image

f:id:tatsumitatsu:20231202181246j:image

f:id:tatsumitatsu:20231203101823j:image

f:id:tatsumitatsu:20231202181430j:image

 

聖徳記念絵画館

明治神宮外苑にある。明治天皇の足跡を絵画にしているので、幕末から明治時代までの歴史を堪能できる。撮影不可なのが残念。

f:id:tatsumitatsu:20231202181748j:image

 

船の科学館南極観測船 宗谷

お台場の近く。本館は休館中で別館のみだがかなり楽しめる。「菜の花の沖」を彷彿とさせる菱垣廻船の模型、様々な船の大きさが比較できる模型などが興味深かった。南極物語のモデルとなった、宗谷の本物が見れるのも良い。無料。

f:id:tatsumitatsu:20231202181931j:image

f:id:tatsumitatsu:20231202182019j:image

f:id:tatsumitatsu:20231203102129j:image

f:id:tatsumitatsu:20231203102149j:image

f:id:tatsumitatsu:20231202182102j:image

f:id:tatsumitatsu:20231202182423j:image

 

●渋沢史料館

北区王子。飛鳥山公園にある。来年の一万円札になるし、ということで訪問。渋沢栄一の功績は偉大だが、いかんせん展示には向いてないなあと思いながら鑑賞。青淵文庫の室内は素晴らしい。

f:id:tatsumitatsu:20231202182617j:image

f:id:tatsumitatsu:20231203102245j:image

f:id:tatsumitatsu:20231202182654j:image

 

●深川江戸資料館

江東区白河。江戸の街の原寸模型が屋内にセットされていて、かなり興奮する。ただ、それほど広くはないのですぐに見終わる。

f:id:tatsumitatsu:20231202183059j:image

f:id:tatsumitatsu:20231202183123j:image

f:id:tatsumitatsu:20231203102429j:image

 

第五福竜丸展示館

深川江戸資料館のあとに訪問。夢の島公園内にある。第五福竜丸の実物は圧巻。原水爆の悲惨さを伝えるパネル展示はさらに見ごたえがある。オススメ。

f:id:tatsumitatsu:20231202183233j:image

f:id:tatsumitatsu:20231203102448j:image

f:id:tatsumitatsu:20231203102510j:image

 

その他、いろいろな所に行ったはずだが、記録しきれない、というか記憶から消えている(笑)

先にも書いたが、最もよく行ったのは、お台場の海浜公園であろう。喫煙所あり、周辺に博物館やショッピングセンターあり、何より内陸部より断然人が少ない。

f:id:tatsumitatsu:20231203105320j:image

一つ不満を上げる。自転車ライドはどうしても距離的・時間的・体力的に超えられない壁がある。私の場合は、1日100kmのライドが限界だ。つまり片道50kmの圏内をうろうろしているわけだ。さらに遠方へ行く場合はキャンプ道具を積んで走ることになる。しかし、それでも片道100km圏内が限界だ。

 

もっと遠くへ行きたい!

という欲求はいかんともしがたい。来年は輪行にもチャレンジしてみたいと思う。

OKオートキャンプ場へ、その後フォレストパーク神野山

2023年11月3日(金祝)・4日(土)

三重県伊賀市にあるOKオートキャンプ場に家族で行ってきた。参加者は私、上さん、中高の息子の計4名。長男は大学祭と重なってしまい今回はスルー。

f:id:tatsumitatsu:20231106093034j:image

同キャンプ場はネットで予約するのだが、7月に検索しても8〜10月の連休初日は完全に埋まっており、ようやく11月に空きが見つかった次第。まったく大人気のキャンプ場だ。

 

大阪府堺市にある我が家からは1時間で行ける。ちなみに9月に購入したシエンタでの初キャンプだ。13時過ぎに到着。

f:id:tatsumitatsu:20231106093152j:image

予約したのは電源なしサイト。値段は家族4人(うち小人1人)で7,000円強。ちょっとお高め。あと薪と炭を買って、これが1,300円。

 

地面は硬い。子どもにペグ打ちを頼んだが苦戦していた。細いスチールペグが何本かひん曲がってしまったが何事も経験だ。

 

設営後、お隣のやぶっちゃの湯に行く。車で5分くらい。OKオートキャンプ場の受付に置いてあった割引券を利用し、大人は100円引きで入ることができた。

f:id:tatsumitatsu:20231106193621j:image

17時頃キャンプ場に戻る。日がかなり傾いている。早く火を起こさねば。

f:id:tatsumitatsu:20231106193633j:image

焚き火しながら焼肉を食す。炭の火力がいつも弱いので今回は多めにしたが……強すぎた。焼き芋も炭になってしまった(泣)

22時過ぎに就寝。本日は11月としては異例の暖かさで、靴下を履くこともなく寝ることができた。


f:id:tatsumitatsu:20231106193702j:image

f:id:tatsumitatsu:20231106193737j:image

翌朝6時起床。一面霧が立ち込め幻想的な雰囲気。

f:id:tatsumitatsu:20231106193751j:image
木津川の河原を散策する。確か、川向かいのやぶっちゃキャンプ場からは下りられなかったと思う。こういったちょっとした違いが嬉しい。

f:id:tatsumitatsu:20231106205606j:image

ゴミも分別すれば捨てられる。上さんは、トイレが綺麗だと感心していた。言われてみれば確かに。これまでいろいろなキャンプ場を訪れたが、ここが美トイレNO.1かもしれない。

12時前に撤収。テントもよく乾きOK!

 

このあと奈良県山添村のフォレストパーク神野山(こうのやま)に向かう。

f:id:tatsumitatsu:20231106214413j:image

県立の自然公園らしい。OKオートキャンプ場から車で約30分。本日は羊フェスというイベントをやっていると。さぞ人で賑わっているだろう……と思いきや、そんなことはなかった。スタッフの方が多いのではないか、と思うくらいの客の入り。まあ、人混み嫌いなので良いのだが。

なお、ここで昼食を楽しみにしていたのだが、レストランは「本日はフェスなのでやってません」というよくわからない理由で、選択の余地なく弁当を購入。900円。なかなか強気の価格設定だ。弁当はレストラン内で食べてもよいとのことで、ゆったりくつろぎながらいただくことができた。

あと、猪肉(2,000円)や広葉樹の薪(350円)など珍しいものがいろいろあったので購入。


f:id:tatsumitatsu:20231106214320j:image

同パーク内にある、鍋倉渓という観光スポット。ゴツゴツとした岩が650mも続いているらしい。こんなものが自然にできるのだろうか。一説によると、天の川を地上に映しとったものらしい。といことは、人の手によるものか。まったく不思議だ。

f:id:tatsumitatsu:20231106212755j:image

同地は天狗伝説があり、こんなやつが至るところに。

f:id:tatsumitatsu:20231106214932j:image

めえめえ牧場。

f:id:tatsumitatsu:20231106215042j:image

同パークの一押しスポットだけあって、この辺りは割と人がいた。といっても少ないが。

しかし田舎ののんびりした雰囲気は私の好むところだ。人だらけの都会のテーマパークよりよほど良い。

 

18時過ぎ帰宅。

翌日、猪鍋を食したが想像以上の旨さであった。ここに記録しておく。

角田青少年広場で自転車ソロキャンプ

2023年10月21日(土)22日(日)

神奈川県愛川町の青少年広場まで自転車でキャンプへ行ってきた。

f:id:tatsumitatsu:20231023134743j:image

相模川の支流、中津川にある河川敷で、予約不要、炊事場なし、水なし、仮設トイレだけがある。キャンプ場というより、野営スポットだ。

続きを読む

富士山の須走口五合目まで

2023年9月25日(月)・26日(火)

有休を取り、妻と世界長老会議のフェスに参加。場所は富士山の麓の朝霧高原だ。レンタカーを借りて現地へ。

f:id:tatsumitatsu:20231009141522j:image

良い天気。

続きを読む