tatsumitatsu

ロードバイクとキャンプ中心のブログです。

SF回顧録〜断絶への航海

f:id:tatsumitatsu:20220911155103j:image
ホーガン作。

無政府主義の理想郷を描いたSF作品。

階級や貧富の差がなく、一人ひとりが自分にできることをして社会に貢献し、それで世の中がうまくまわっている世界を描いている。

あり得ないと思えるが、それがなかなか緻密に舞台設計されていて、あーこんな世の中だといいなと思ってしまう。読んでいて気持ちがいい。

しかし一方で、この地球上では実現不可能だと思い知らされる。なんて情けない世界に自分は生きているんだろう…と涙してしまう、私にとっては少し後味が悪い本だ。

 

今の地球、というか先進国社会は、何もせずに贅沢に暮らせる境遇、いわゆる金持ち父さんの考え方が主流になってしまっている。

私が子どもの頃はそんなことはなかった。人間はしっかり働くべきだ、みたいなことを親か先生か、または別の誰かに教えられた。

自分の食べているものは、別の誰かが作っている。家も服も、移動のための車も、目に見えないエネルギーも、誰かが作っている。

これを享受だけして、自分は何もしない、というのは、人としてどうか。恩を受けたら、自分にできる別の形で返さないといけない。損得なしのお陰さまの論理である。

今ではこういう考え方は廃れ、いつしか金持ち父さんの暮らしが理想となっている。

 

以前にも書いたが、人間の知恵の大部分は、支配・被支配の関係を構築することに費やされているように思えてならない。国家レベルから一対一の個人レベルまで。みな、上のステージ、支配する側へこぞって駆け上がろうとしている。

自分が世の中のためにできること、(仮に他人よりはうまくできなかったとしても)それを全うしておれば、社会に居場所があるはずなのだが、今の人は「世の中のために何もしないで、贅沢に暮らしていける地位」をめざす。

 

誰かを犠牲にしないと幸せになれない。地球上の資源は有限だから取り合うしかない。仕方がないんだよ、ミスター。

悲しいかな、これが有史以来の法則だ。万民が幸せになれる世界の創造は、万物の霊長にも至難の業なのだ。

と考えると、人間の歴史は特段素晴らしいものではない。人間の社会は特段完成されたものではない。だから、私は思うのである。滅びてしまっても良いと。

まあ極端な考え方だが、これを克服できないのであれば、この世の為政者、知識人、権威ある人は、みな大した存在ではない。

 

当の私はもちろん無策なものだから、褒められもせず苦にもされずを心掛けて、あとは楽しく生きて命を終わらすであろう。

地獄に閻魔様がいたら、ぜひ私の一生を採点してもらいたい。すごく低スコアだと思う。しかし私は胸を張って答えるだろう。

仕方がないんだよ、ミスター(笑)

 

角川武蔵野ミュージアムへ

2022年9月3日(土)

f:id:tatsumitatsu:20220904183301j:image
角川武蔵野ミュージアムに行ってきた。四谷から自転車で30km。


f:id:tatsumitatsu:20220904184226j:image

寄り道。野火止公園というらしい。そばに野火止用水という歴史のある用水路が流れているのだそう。

f:id:tatsumitatsu:20220904184541j:image

角川武蔵野ミュージアムに到着。個性的な外観。

チケットは見たい所を選択して購入する。よくわからないがスタンダードチケットを購入。これで1Fと4Fが見れると。1,600円也。

f:id:tatsumitatsu:20220904185120j:image

1Fのマンガ・ラノベ図書館。読み放題だが、そんな時間はない。漫画棚を眺める。

f:id:tatsumitatsu:20220904185409j:image

漫画は普段から読むが、ジャンルが違うなあ。ブッダカムイ伝風雲児たちへうげもの、とかは置いてないよね(笑)

f:id:tatsumitatsu:20220904195557j:imageラノベコーナー。

この図書館の入口に、ラノベの元祖はロードス島戦記だと書いてあった。なるほど。高校時代に読んで、純文学とは違うまさにライトな面白さで夢中になった。宇宙皇子、叛逆王ユニカ(井沢元彦がこんな本書いてたなんて!)、オーラバトラー戦記など思い返せばけっこう角川さんのお世話になったもんだ。

実はこうしたファンタジーへの欲求は今もあって、なろうでいくつか読んだ。30作品以上読んだだろうか。しかし、本当に面白いと思ったのは、スライムと無職転生だけだった。残りは失礼だが短い私の余生を割くに値しない。まさにラノベは未来がたんとある若者向けのジャンルであるなあ、と思う。

なお、ラノベの漫画化作品はまったく読んでいないので、ここの図書館の本棚に私が読んだラノベの漫画がたくさんあるのを新鮮な気持ちで見させていただいた。

f:id:tatsumitatsu:20220904192213j:image

写真を撮るのが恥ずかしかった(笑)

 

4Fは、古今東西のたくさんの本が展示されている。

f:id:tatsumitatsu:20220904192904j:image

展示の仕方が角川らしく演出過剰だが、お金払わせて客を呼んでいる以上は当然か。賑やかで良い。

f:id:tatsumitatsu:20220904193259j:image

魅力的な本が多い。しかし熟読する時間などあろうはずもなく、パラパラと見て棚に戻す。その繰り返し。

f:id:tatsumitatsu:20220904193551j:image

このフロアの目玉、本棚劇場。壮観だ。

f:id:tatsumitatsu:20220904193717j:image文豪ストレイドッグスが幅を利かせている。

f:id:tatsumitatsu:20220905003007j:image

f:id:tatsumitatsu:20220904193751j:image文ストのプロジェクションマッピング。綺麗だが内容は…ない。

文ストは、子どもが漫画を持ってるので、最初だけ読んだが……敬愛する泉鏡花先生が女性なのが納得いかん。それだけで読む気が失せた(笑)

泉鏡花は、あの独特の古い文体で奇跡のような妖艶な和風ファンタジーを確立した。というか鏡花に始まり鏡花で終わった。唯一無二の作家だ。それをあろうことか女性キャラとして登場させるとは許せん!

文ストは、登場人物の作品を読んでる人にはいろいろ引っかかることが多いのではないか? 赤毛のアンをなぜあんな不気味な造形で登場させるのか。世界一愛されているといっても過言ではない女の子、アンを!

…まあいいけど(笑)

 

f:id:tatsumitatsu:20220904195431j:image

一番面白かったのは、荒俣ワンダー秘宝館。

f:id:tatsumitatsu:20220904195535j:image人魚のミイラ。

f:id:tatsumitatsu:20220904195726j:image鼻で歩く生き物(笑)

f:id:tatsumitatsu:20220904195803j:image謎のキモい展示。

f:id:tatsumitatsu:20220904195833j:image宇宙人の頭蓋骨(笑)

f:id:tatsumitatsu:20220904195859j:imageペットボトルキャップの深海生物ミニフィギュア。これ、昔たくさん集めたなあ。

 

総括すると、まあこんなもんだよねという感じ。角川には若い頃にお世話になったなあとノスタルジーに浸れたのは良かった。


f:id:tatsumitatsu:20220904200253j:imageミュージアムの隣には令和2年にできた武蔵野坐令和神社がある。

祭神はアマテラスとスサノオ。この男女神を合わせて象徴する千木が独創的だ。こんなんあり?と思ったが、なんてったって令和生まれだし、これくらいありだろう。

 

帰りはせっかくなので荒川に寄り道。

f:id:tatsumitatsu:20220905000456j:image河川敷に田んぼがある。刈入れ時期のようでコンバインがあちこちで動いている。ツバメがヒュンヒュンと飛んで、自転車と並走してくれる。楽しい。

この寄り道で、トータル80kmのライドとなった。私にとってはなかなかの距離だ。くたびれたので、夕飯はインスタントうどんと茶漬けで済ます。

 

最後に…
f:id:tatsumitatsu:20220905002616j:image

月を蹈んで散歩す、青煙地を這い月光林に砕く

国木田独歩の武蔵野より。

昔読んだが、内容は完全に忘れている。散策を趣味とする身として、こんな感性を持ちたいものだ、としみじみ。

甲州街道をゆく 〜新選組の故郷へ

2022年8月20日(土)

f:id:tatsumitatsu:20220827011316j:image
本日は甲州街道国道20号)をとことん西進する。スタートは四谷。ゴールは日野市にある新選組のふるさと歴史館。約34kmの道のりだ。

続きを読む

東京の道は蜘蛛の巣のように

2022年8月7日

この2ヶ月、東京中を自転車で走り回っていた。景色を楽しめなくなるのでナビはほとんど使わない。しかし、そのせいで当初は道に迷いまくり。

一番困ったのは、行きたい方角とまったく反対の方角に、知らないうちに走っていることだ。1時間必死にペダルをこいで、スタート地点に戻ってしまう恐ろしさよ。

これはアカン。東京の道は何かオカシイ。

ということで、紙に書いてみた。書かないと覚えないのだ。

f:id:tatsumitatsu:20220807134407j:image

見事に蜘蛛の巣状だ。

続きを読む

雨ニモマケズ 〜明治神宮&荒川ライド

2022年5月21日(土)

天気予報は曇り。早朝、自転車で飛び出すと、雨が降ってきた。3分でUターン。帰宅。悔しい。すると雨がやんだ。しかし不穏だ。近場なら何とかなるか。明治神宮でも行こう。再出発。

f:id:tatsumitatsu:20220522095341j:image安藤忠雄設計、表参道ヒルズ。あの良い感じのアパートを潰して建てたやつね。

 

雨が降り出した。しかしもう後に引けない。決意固く、明治神宮に向かう。

続きを読む