tatsumitatsu

ロードバイクとキャンプ中心のブログです。

雨ニモマケズ 〜明治神宮&荒川ライド

2022年5月21日(土)

天気予報は曇り。早朝、自転車で飛び出すと、雨が降ってきた。3分でUターン。帰宅。悔しい。すると雨がやんだ。しかし不穏だ。近場なら何とかなるか。明治神宮でも行こう。再出発。

f:id:tatsumitatsu:20220522095341j:image安藤忠雄設計、表参道ヒルズ。あの良い感じのアパートを潰して建てたやつね。

 

雨が降り出した。しかしもう後に引けない。決意固く、明治神宮に向かう。

f:id:tatsumitatsu:20220522095717j:image境内は自転車不可とのこと。原宿駅前の駐輪スペースに停める。

f:id:tatsumitatsu:20220522102156j:image

境内の参道が長い。雨はザーザー降っている。傘をさしてないのは私だけ。しかし、なぜか不思議な高揚感があって苦ではなかった。初めての神様にご対面するのに雑念など不要。

f:id:tatsumitatsu:20220522102600j:image拝殿に到着。祭神は明治天皇昭憲皇太后。何とも東京らしい、と感じるのは、私が大阪、奈良の神社に親しんでいるからであろう。

f:id:tatsumitatsu:20220522102914j:image拝殿でこんなものを見つけた。ありがたくいただく。

雨はいよいよ強くなり、さすがに帰れない。小一時間雨宿り。五箇条の御誓文教育勅語を読む。心が洗われる文章だ。聖徳太子の十七条憲法とも共通するところがある。昔からこういった人や国家の振る舞いを律する思想はあるのに、現実の世界、とくに公の部分はまったく逆である。人間は六道の化身だから仕方がない。変わることはないだろう。

 

小雨になったので急ぎ帰宅。自転車もびしょ濡れだ。錆びないように雑巾で拭きながら、ああ今日のライドはこれで終わりだなと思った矢先、雨が上がる。時刻は13時くらい。

 

流石に悩んだ。雨に打たれて少し疲労があるが。どうしよう?

飛び出した(笑)

 

目的地は北の荒川だ。川を眺めながら一服したいと。タバコの魔力はスゴイね。ほんと中毒(笑)

f:id:tatsumitatsu:20220522104927j:imageここは北区か、荒川区か。荒川の南側に隅田川が流れていたので立ち寄る。へーこれが童謡で有名なあの川か。はーるのうらーらーのー♪と口ずさみながら荒川へ。

f:id:tatsumitatsu:20220522105412j:image荒川到着。が、雨が降ったばかりで腰を落ち着けるところがない。少し川沿いライドを堪能して退散。

f:id:tatsumitatsu:20220522105644j:image再び隅田川。ここで休憩。時刻は17時くらいか。天気はまだ持ちこたえている。さて帰ろう。

 

帰路、荒川区素盞雄神社に寄る。

f:id:tatsumitatsu:20220522110418j:image

f:id:tatsumitatsu:20220522110438j:imageなかなか雰囲気があって良い。

 

そして足立区にある、奥の細道 矢立初めの地。

f:id:tatsumitatsu:20220522110528j:image松尾芭蕉奥の細道の旅の始まりの句を詠んだ場所らしい。へー。

 

一帯の千住はかなりディープなところだ。地元大阪の怪しい路地裏とダブり、懐かしく思いながらも、ここでおかしいことに気づく。自宅は新宿区なので、南に向かって走っているはずなのに、なんかおかしい。そして…

また荒川に出てしまった(爆)

これには参った。道路標識見ても知らない地名ばかりで、適当に走っていたからだ。

自宅に到着したのは19時過ぎ。走行距離70km。

ヘトヘトだが、晩御飯のパスタを作る。家に余っているキャベツ、エノキ、ウインナーを打ち込んで、味付けはキューピーの3分クッキングのやつ。

f:id:tatsumitatsu:20220522112110j:imageくやしいが自分で味付けするより旨い…。

夜、雨が降ってきた。ライド中、降らなくて良かった、と思うことで溜飲を下げるのであった。

荒川アンダーザブリッジ

2022年5月15日(日)

東京ライド2日目。どこに行こうか?

自転車を大阪から輪行して持ってきたものの空気入れがない。携帯用はあるが、これは外でパンクしたときの応急用だ。よし買いに行こう。中古を(笑)

スマホググると、サイクルパラダイスという中古自転車ショップがヒットした。江戸川区…よく分からんが、自宅の新宿区から自転車で1時間ほど。程よい距離だ。出発。


f:id:tatsumitatsu:20220516203717j:image

途中、皇居外苑桜田門に立ち寄る。あまりにも有名なあの事件があったところだ。ここから幕末は始まったんだなあ、しみじみ。

 

永代通りという道をひたすら東進すれば目的地なのだが、途中えらくデカい川に出合った。グーグルマップで調べると荒川というらしい。知らないの?と地元民から呆れられるだろうが、知らんもんはしゃあない。大阪の淀川みたいなもんやな、などと思いながら、フラフラと吸い寄せられる。河川敷へ。

f:id:tatsumitatsu:20220516204718j:image

荒川アンダーザブリッジ(笑)

予想通りチャリダーがたくさんいる。つられて川沿いの道を10km以上走ってしまった。

さてサイクルパラダイスに寄って、中古の空気入れを探す。あった。

TOPEAKのJOEBLOW MAX HP2。中古1,600円。新品だと4,000円くらいだろうか。

けっこう大きい。パニアバッグにぶっ刺して運ぶ。帰宅後に撮影したものだがこんな感じ。

f:id:tatsumitatsu:20220516210634j:image

パニアバッグからニョッキリ。ちょっと恥ずかしかったかも(笑)

 

帰り道、やはり荒川が気になる。まっすぐ帰るのが惜しい。立ち寄る。

f:id:tatsumitatsu:20220516210914j:image

再びアンダーザブリッジ。花が美しい。ムギナデシコというらしい。荒川にナデシコ…某サッカー選手を思い出してしまった(笑)

 

帰宅後、空気入れが壊れてないかチェック。うむ、ちゃんと空気が入る。良かった。

f:id:tatsumitatsu:20220516211326j:image

しかし、自転車とまったく同じ色。似合いのカップルだ。これからも仲良くするんだよ(笑)

初めての東京ライド

2022年5月14日(土)

f:id:tatsumitatsu:20220514175828j:image

単身赴任先の東京で初めてのライド。せっかくの休日なのに小雨が降って絶望していたのだが、止んだので飛び出した。

どこに行こう? とりあえず海だ!

自宅(新宿区)から適当に南下する。国会議事堂前を通り、虎ノ門愛宕…聞いたことあるなココがそうなの? 御成門…知らんななんの門?などと土地の名にいちいち反応しながら走っていると、突然…

f:id:tatsumitatsu:20220514173136j:image東京タワー。なんという偶然。東京初ライドの門出を祝ってくれているようだ。

大門でか!などと感心しながら海をめざし、ついに到着。

f:id:tatsumitatsu:20220514173842j:imageレインボーブリッジというのだそうな。

ここから海沿いに少し南下。天王洲というところから、進路を北にとり帰路につく。

品川、五反田、目黒、白金台、西麻布、南青山、千駄ヶ谷…と聞いたことある土地を南から北へ突き抜けて新宿御苑に至ると、ようやく土地勘が戻ってくる。つまりまもなく自宅だ。途中スーパーで晩御飯の食材を買って帰宅。

本日の走行距離30km。知らない土地でアドレナリンが出まくっているからだろうか、疲れを感じない初ライドであった。

GWに大塚国際美術館へ

2022年5月5日(木)

f:id:tatsumitatsu:20220514000237j:image

さすがのキャパシティである。GWに徳島県大塚国際美術館に家族で行ってきたが、大勢の観光客にも関わらず、それほどストレスなく鑑賞できた。

f:id:tatsumitatsu:20220514000400j:image

お出迎えは、バチカンシスティーナ礼拝堂に本物がある、ミケランジェロの天井画。画集で見てもピンとこなかったが、生で見るとスゴさがわかる。実はラファエロの方が好みだが。。。

 

面白かったのは、さまざまな受胎告知の絵があったこと。聖母マリアと天使ガブリエルの描き方が、画家によってまったく違う。仰々しい演出過剰なものもあれば、おすまし顔のクールな作品、やる気あるのか?と突っ込みたくなる残念なものまで、いや面白い。

 

ルネサンス期の作品は、総じて生気がみなぎっていて、芸術の一つの極みに達していたのだなあと感じさせられる。中でもやはり、ミケランジェロラファエロダヴィンチの3巨匠は素人目で見ても抜きん出ている。

学生時代にルーブル美術館に行ったときにも感じたが、一面所構わず作品が飾られていると、一流と二流以下が白日の下に晒されて、あぁ残酷なことだなあと気の毒に思ったりもする。

 

その他の時代のものでは、ゴヤが素晴らしい。荒々しいタッチで描かれる異形の人々。他者に模倣を許さない唯一無二の作家だと思う。

 

最後にシャルダンの独楽を回す少年。f:id:tatsumitatsu:20220514003434j:imageロココが好きというわけではないが、この絵はなぜか惹きつけられる。写真を撮ったのは以上の3枚だけ(笑)


f:id:tatsumitatsu:20220514003726j:imageあと、モネの庭。美しい。

 

いや、なめてました。大塚国際美術館、また行きたいと思える所です。

初輪行 〜新幹線で自転車を運ぶ

2022年5月9日(月)

先月から始まった東京単身赴任。

ゴールデンウィークに大阪に帰省し、それが明けた本日、東京に戻る際にロードバイクを持っていくことにした。

移動手段は新幹線。いわゆる輪行だ。

まずは新大阪駅までこいでいく。昼間は仕事だったので、駅には18時半くらいに到着。

f:id:tatsumitatsu:20220512094421j:image

人気のないところでバラし始める。私のロードバイクはリアキャリアを付けているのでこれも外す。

輪行袋ラクマで格安で入手した、オーストリッチのL-100(中古)。

f:id:tatsumitatsu:20220512095046j:image

30分以上かけて収納。予め家で練習していたが手こずった(人がいなくて良かった…)。ちなみに取り外したリアキャリアは、最後にこの袋の中にポイである。余裕で入る。

f:id:tatsumitatsu:20220512100219j:image新大阪駅。GW明けの平日なので比較的空いている。輪行袋は、肩紐をかけてソロソロと歩けば割と存在感がない。つまり周りの人たちの迷惑にならないように思える。タイヤ付きの大型旅行バッグをゴロゴロと転がしている方が危なっかしいと思える。

新幹線は、特大荷物スペース付きの指定席に乗車した。まったく問題なし。快適であった。

f:id:tatsumitatsu:20220512111852j:image

22時過ぎに東京駅着。残念なことに小雨が降っている。ここから新宿区の賃貸マンションまで走りたかったのだが、仕方なくJRを乗り継いで自宅の最寄駅を目指す。遅い時間帯なら在来線の電車内もさほどストレスなく輪行できる。

最寄駅からは自転車で2、3分の距離だ。さほど濡れることもなく到着。

f:id:tatsumitatsu:20220512112430j:image

そして室内へ…

f:id:tatsumitatsu:20220512112551j:image

狭いワンルームであるが、愛車をお出迎えできた。これからが楽しみである。

東京単身赴任 〜一人暮らしの初期費用

2022年4月30日(土)

f:id:tatsumitatsu:20220430233802j:image

大阪から東京に単身赴任して3週間ほど経った。一人暮らしの準備にかかった費用をまとめてみることにした。

なお、賃貸物件の初期費用(家賃、敷金礼金など)は除く。家電や日用品など、ポイント還元を相殺した金額を記す。

 

・ガスコンロ(リンナイ)14,500円

・洗濯機(5kg アイリスオーヤマ)22,000円

・冷蔵庫(154L ファン式 アイリスオーヤマ)30,000円

・電子レンジ(SKジャパン)4,800円

・オーブントースター(ニトリ)1,990円

・炊飯器(3合炊き ニトリ)5,990円

・布団、枕など寝具一式(ニトリ)20,000円

・収納ケース(プラ製 4段)4,700円

・キッチンワゴン(山善)5,200円

・シンク上の突っ張り棚(コーナン)2,200円

・テーブル(DOD)14,300円

・鉄フライパン(24cm リバーライト)5,990円

・蓋付ステンレス鍋(イオン)798円

・ホーローケトル(ニトリ)2,392円

・バルコニーシェード1,600円

・レースのカーテン1,300円

・三面鏡(中国製 amazon)3,180円

ダンボール(160サイズ5個 コーナン)2,075円

ゆうパック送料(8個口)15,140円

・100均いろいろ約7,000円

 

以上が主なモノである。他にもさまざまな物を購入し、ざっと合計20万円となった。

機能などどうでもよく安物ばかりで揃えたが、多少こだわった所もある。例えば…

 

・冷蔵庫はファン式であること。これで面倒な霜取り作業から開放される。

・鉄のフライパン。テフロン加工は論外だ。油をなじませて使えば一生使える。

・テーブルは、DODというアウトドアブランドのキャナリーテーブルM。見た目が良く実用的、しかも折り畳み可能なので、単身赴任が終わってもキャンプに使える。14,300円と高価だが、単身赴任が終わると使い道がなくなるテーブルを買うくらいなら、と決断した。

f:id:tatsumitatsu:20220430234803j:imageワンルーム全景。左壁にあるのがキャナリーテーブル。

 

・ホーローケトル。店頭で一目惚れし、予想外の出費。まあホーローは熱伝導もよく使い勝手はステンレスとは雲泥の差。フライパン同様、一生物と考えて決断。

f:id:tatsumitatsu:20220430234348j:imageキッチンワゴンの一番上にニトリの炊飯器。中段に濃紺のホーローケトル。

f:id:tatsumitatsu:20220430233900j:imageシンクに調理台がないことにまず驚いた。突っ張り棚と、まな板、先に紹介したキッチンワゴンがないとまともに料理ができない。写真左の冷蔵庫、電子レンジ、オーブントースターの三段積みも危うい。地震が来たら崩壊するだろう。。

 

・三面鏡。私は、散髪は床屋に行かずに自分でする人間である。側頭部、後頭部がよく見える大きな三面鏡が必要であった。ニトリなどで探したが納得いかず、中国製だがamazonで評価の高かったモノを購入。

f:id:tatsumitatsu:20220430234122j:imageドアにかけて使用する三面鏡。頭の横、後ろがよく見える。

 

こだわったのはこれくらい。あとは安さ第一。食器、洗剤、カーテンなど、とにかく自宅に余っているモノは使いまわし、テレビ、ベッドは不要だったので購入せず。

なお、エアコンは物件に備え付けられていた。照明も前の入居者が残していったものを使い回し(これはありがたかった)。

これだけ節約しても、20万円近くかかるのだから、一人暮らし恐るべしである。

 

また、夕飯は一日も欠かさず自炊している。倹約と健康のためであるが、調味料一式を揃えるのに恐ろしくお金がかかった。醤油、味噌、みりん、酒、酢、塩、胡椒、砂糖、オリーブ油、ポン酢、鶏がら出汁、オイスターソース、豆板醤、甜麺醤、わさび、ガーリックパウダー、ドレッシング、焼肉のたれ、エトセトラ。国産や添加物の少ないものを選ぶのでさらにコストがかかる。まだ無いモノも多く、これからも買い揃えていくであろう。

f:id:tatsumitatsu:20220501000414j:image一人暮らし初日。野菜炒め。ランチョンマットがなく、新聞紙を引いている(笑)

f:id:tatsumitatsu:20220501000540j:image土鍋は100均ショップで購入。300円也。

f:id:tatsumitatsu:20220501000654j:image北海道牛のヒレステーキ。スーパーで半額の時に購入。

f:id:tatsumitatsu:20220501000823j:imageキーマカレー。まとめて作るので、3日分の夕飯になる。

 

さて、一人暮らしに慣れてきたところで、そろそろ趣味のロードバイクを実家から持ってこないと。新幹線で輪行しようと画策中である。

自転車で休日出勤

2022年3月13日(日)

休日出勤。

普段は電車通勤だが、本日はロードバイクで。

f:id:tatsumitatsu:20220313222907j:image

会社のビルの1階にて。誰もいない。

 

片道17kmくらいか。同僚や客と付き合う必要がない。つまり時間に縛られない。気楽なロードである。

しかし、晩御飯の支度はある。早く仕事を片付けて帰らないと! 結局、時間に縛られて生きているんだなあ。

 

晩御飯はお好み焼き。大学生の息子に、キャベツを切ってくれるとありがたいな、と伝えていたので、帰宅するときちんと切ってくれていた。えらく疲れたようで、もう二度としたくない、などとつぶやいていたが、まあ普段料理をしなければそんなものだろう。

 

変わらない日常。東京単身赴任まであと3週間である。